人気ブログランキング | 話題のタグを見る

えいちぴー

HP Pavilion15-CC100 LCD交換

【すべて自己責任です】
購入から2年と10ヶ月+α、そろそろ保証が切れるのでいじり始めます。
購入時はTN液晶、なぜかというと当時IPSは納期がかかるみたいだったから。
でもやはり、周りで広視野角液晶に慣れてくるとどうも見づらい気がしてくる。
んじゃここらで液晶を替えちゃいましょうということに。
まずは、コーキングヘラというものをできれば大小1本ずつ用意します。
これはボディの嵌合を外すのと、LCDのベゼル(枠)が両面テープで貼られているので剥がすのに使います。
えいちぴー_f0272222_20394177.jpg
その他に、+0番、+00番のマグネット付きドライバー、5mm幅の両面テープが必要です。
分解方法は、公式や先達の動画があるので(舶来系PCは公式で分解マニュアルがあります)それを参考に。
外したネジを入れるのに便利な製氷皿。長さだけ2mm違うネジとかあるのできっちり仕分けます。(今回はそれほど微妙ではなかった)
どこに付いてたものかは自分でわかりやすいように無地マステに書いて貼る(本体と製氷皿両方)という手もあります。
えいちぴー_f0272222_20394184.jpg
なお、ネジはこんなとこ(ゴム足の裏)にもあるので、外れないからといって無理矢理は厳禁です。
えいちぴー_f0272222_20394232.jpg
というわけで底面カバー(ボトムカバー)が外れました。(さくっとできちゃったので経過写真ないです)
えいちぴー_f0272222_20394129.jpg
次回は起動SSD(左上)を替える予定なので付いてるモノを確認。
そして、今回ボトムカバーを開けなければいけない最大の理由がバッテリー外し。
全ては電源を断つところから始まるので、これは必ず最初にやります。
えいちぴー_f0272222_20394121.jpg
機種によっては単独で外せるものがありますが、薄型になると内蔵式になるようです。
外側で外れるバッテリーなら、ボトムカバーを外さずにいきなりベゼル剥ぎにかかれるけれど。

そしてベゼルを外した写真がこちら。(経過写真ないのかい→分解動画が世の中ありますw)
コツは内側からそうっとヘラで両面テープを剥がす感じ。(両面テープは破れても貼り直すので気にしない)
ベゼルの外側は天板と嵌合してるのでゆっくりそうっとひねると外れます。
わからない人は絶対やっちゃだめです。
えいちぴー_f0272222_20394266.jpg
LCDを交換します。4箇所のネジ、1箇所のコネクターでつながっています。
(度々写真がなくてすみません)
交換後、ベゼルを戻す前に試しに起動してみました。保護フィルムを剥がしてないのでグレア液晶みたいです。(実際はノングレア)
えいちぴー_f0272222_20394253.jpg
ベゼルを戻す前に古い両面テープは剥がして新しいものを貼ります。
LCDの保護シートを外します。
ベゼルを下側→左右片方ずつ→上の順でパチパチはめていきます。
出来上がり
えいちぴー_f0272222_20394176.jpg
あとはボトムカバーを戻して完成です。

これで広視野角になり、とても見やすくなりました。若干緑が強いのでIntel UHD グラフィクスコントロールパネルで調整。
費用的には新品購入時に最初から広視野角にしてたほうが安上がりです。そこでン万円も違うことはないはずなので、もし2種類あるようなら迷わず広視野角液晶を選びましょう。

何度も書きますが、すべて自己責任でおこないます。これで保証は受けられません。(あと1ヶ月ちょっとあったけど)
解像度が違う液晶への交換は不可能だと思います。(例:2k→4k)ラインナップにあってもコネクターのピン数が違ったりするので同解像度での交換が無難です。
今流行りの細ベゼルの場合は構造がそもそも違うと思うので、こちらは参考にならないと思います。



# by morsemoose | 2021-03-08 21:24 | day by day | Comments(0)

小ネタ(マイクロスピーカー2)

SONY SRS-XB22 アクティブスピーカー
 小ネタ(マイクロスピーカー2)_f0272222_13471024.jpg
以前の これ がバッテリーが弱くなってきたのと、ソニストの「ポイント有効期限じゃけぇ早よせぇや」(意訳)に煽られて、不要不急ではあったけどポチてみた。
見た目はご覧の通り600mlのペットボトル大です。詳しい写真や後ろのコネクタなどは他所様が詳しいので割愛。
使用にあたってライト機能(白い帯状の部分が光る←意味不明)をOFFしたくらい。(後ろのカバーを開け、BATTボタンを長押しでトグル)
バスブーストはそのままで、まずはWalkman NW-A45 にBTで”LDAC”で接続(A45のBTをONするのに手間取るなどw)。接続はいたってスムーズでした。とりあえず自己リファレンス音源で鳴らしてみると、 これ よりは2周りほど大きいだけあって、けっこう低音も出て音量も上げられるので作業用BGMには有り余るほどです。若干低音が不自然になる音源もあるけどそこは「イッツ・エンターテインメント」でよろしいかと(笑)常設する場合は置き方を工夫することで多少はコントロールできます。
充電しながら(Micro USB-B)の再生はOKですが、後ろのカバーを開けたままになり、そのカバーが邪魔でただでさえ転がりやすい本体の収まりが尚悪くなります。(なんで上か横に開くようにしなかったのかな)
もう一つ、前面の布状のグリルですが、うちは猫飼いなので猫の抜け毛がまとわりつき、いつもコロコロで掃除するという事態になってます(笑)
総じてカジュアルに聴く分には私にとって充分な音です。



# by morsemoose | 2020-05-05 14:29 | day by day | Comments(0)

小ネタ(ヘッドホン)

CLASSIC PRO CPH-7000
モニターヘッドホン。オーバーイヤー型。音家さんで4k+α(税込)。
プラグは3.5Φにネジ式の6.3Φを付けるタイプ。ケーブルは太め2mくらい?巻きグセは取れません(笑)
小ネタ(ヘッドホン)_f0272222_23241986.jpg
お世話になってるFM局さんで見かけたので導入してみました。
まず、コスパは良いです。最高まではいきませんが(笑)
交換部品もあるようで、使い倒すには良いです。もっとも、壊れたらまるっと買えるお値段ですし。
装着感はモニター用なのである程度の締めつけ感はありますが、私の頭では900STとM50xの中間くらいの感じですかねー(900ST<本品<M50x)
ちなみに見た目のゴツさも 900ST<本品<M50x な感じ(笑)
というか、昔のヘッドホン(80年代のP社Mシリーズ)みたいな装着感デス(笑)
私の頭では半日くらいは余裕で付けていられますが、パッドの部分で少し蒸れます。

音質はモニターヘッドホンとして楽曲間の音量差チェックなら十分と思います。
解像度はお値段なりと思うので、楽曲のマスタリング等にはもうちょっと解像度の高いのを使うことをおすすめします。
周波数特性的にはフラットに近いと思います。低域高域出てはいるのですが、質的にはお値段なり。シンバルの金属感やエレベのゴリッとした感じは薄いです。
観賞用なら刺激も少ないですし、これで十分な気がします。
何よりびっくりなのはWalkman A45と相性バッチリな感じ(笑)
※あくまでも個人の感想です。




# by morsemoose | 2018-11-25 23:56 | day by day | Comments(0)

ぱいおにあ2

Pioneer A-50 プリメインアンプ
拙宅で一番新しい機材(笑)
中古で販売店保証付きの個体。なのでお値段はそれなり。(なお新品時定価は税込み6桁近く)
2012年製。
ぱいおにあ2_f0272222_10112290.jpg
Dクラスアンプの音を聴いてみたかったのと、DAC付きは要らないのでまーこんなとこかなと。
それとシロウトの楽曲制作モニター(兼リスニング)用なので、なるべく色付けが少なそうなものを。
実際聴いてみると、狙い通りスッキリかっちりで好ましいです。軽い音かというとそうでもなく。
昔ながらのP社臭は今のところ感じません。

と こ ろ で 。
こいつのボリュームは中古のせいか、個体差か知らないけど、ぐらぐら。
ネジ外れてるんじゃないの?と思ったくらいで確認した。(メンテもやってる販売店なのでそんなことないと思う)
音にも操作にも、リモコンからの動作にも真円を描いて回るので、まぁいっか。
だけども新品でこれだったらクレームですね。ヽ( ´ー`)丿
ボリューム以外にも、BASSとTREBLEで回すときの重さが違うし、定価6桁近くにしては各部の質感はあかんです。
ま、音的に私には好感が持ててるので、このまま使い倒すでしょう。(笑)



# by morsemoose | 2018-09-23 11:00 | day by day | Comments(0)

小ネタ(MQA-CDのファイルをWalkmanで)【追記あり】

SONY Walkman NW-A45 で、MQA-CD を取り込んだファイルがMQAと認識してくれない場合のWindows PC上での対策。
以下はネットの情報をまとめた自分用メモです。

1.MQA-CDをMusic CenterなどでFlacで取り込む。
2.xxxxx.flac という拡張子を xxxxx.mqa.flac に書き換える。
3.TAGに下図の赤線部2つを追加する。項目が存在しない場合、Mp3tagでは赤丸のアイコンを押すと新規追加できる。
※ORIGINALSAMPLERATE はMQA展開後のサンプルレート。(CDのパッケージのどこかに表記されてる…はず)例:88.2kHz→88200
※サンプルレートが間違ってる場合の挙動は確認してません。
小ネタ(MQA-CDのファイルをWalkmanで)【追記あり】_f0272222_21283204.jpg

※コピペ用文字列→ ENCODER MQAEncode v1.1 ORIGINALSAMPLERATE 88200

4.Walkmanに転送する。


※ここでの記載はコアデコーダーとかレンダラーの動作には関係ないです。
※Audirvana Plusではタグ追加無し(拡張子の変更は必要)でMQAと認識できます。


【追記】
なんと、公式でタグ付けアプリが出ました。
こちらへ→ http://www.mqa.co.uk/customer/tag435sdf43te





# by morsemoose | 2018-08-15 21:18 | day by day | Comments(0)


ロックバンドでベースを弾いたり曲を作ったりしてます。まにあっくな日常のできごとを綴ってます。


by morsemoose

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
day by day
音楽

以前の記事

2021年 03月
2020年 05月
2018年 11月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 05月
2018年 01月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月

お気に入りブログ

最新のコメント

Pioneer S-X4..
by furusatoginga at 14:56
ご返事、ありがとうござい..
by Image line2 at 23:37
image Line2 ..
by morsemoose at 21:47
817RSの記事でここに..
by image Line2 at 17:05
やっぱベースがはっきりし..
by かんりにん at 17:37

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

えいちぴー
at 2021-03-08 21:24
小ネタ(マイクロスピーカー2)
at 2020-05-05 14:29
小ネタ(ヘッドホン)
at 2018-11-25 23:56
ぱいおにあ2
at 2018-09-23 11:00
小ネタ(MQA-CDのファイ..
at 2018-08-15 21:18

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき
音楽

画像一覧